【ストップ高教えます】 デイトレの秘訣 次の上昇株はどれだ!?
『価格.com』で証券オンライントレードを徹底比較!賢い資産運用はコチラから。

2006年10月21日

インデックスの前期、海外事業不振で純利益46%減

携帯電話向けサービスのインデックス・ホールディングスは20日、2006年8月期の連結純利益が前の期比46%減の30億7000万円になったと発表した。従来予想は7%増の61億円。栄養たっぷり【発芽米】

海外事業の不振で01年の上場後では初の経常減益となったのに加え、携帯にコンテンツを配信する中国子会社の株式評価損60億円を特別損失に計上したのが響いた。デイトレ王

携帯用ホームページを自動作成

インデックスが前期の業績予想を下方修正したのは今年4月に次いで2回目。買収で北米・仏・中国などに展開した海外事業の低迷が続いている。中国子会社は当初、損益トントンを見込んでいたが数千万円の営業赤字になり、監査法人から「想定を大幅に上回る特損計上を求められた」(同社)という。デイトレード

経常利益は5%減の66億5000万円。従来予想は17%増の81億5500万円だった。下期に利益ゼロを見込んでいた米と仏の海外子会社が計7億円の営業赤字になったことが下方修正の主要因。スポーツなど動画のコンテンツ獲得費用と画像など人気が落ちたサービスの撤退費用も利益を圧迫した。日本ゴルフスクール


posted by freedom at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25859022

この記事へのトラックバック
ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。